不動産経営の融資は地銀が有利

不動産経営を始めるきっかけ

不動産の経営と聞くと、一定以上のお金持ちの世帯でなければできない、アイレベルなフィナンシャルプランだと思い込んでしまう方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。たしかにマンションやテナントビルを何棟も保有するためには資金も必要になりますし、経営を維持・管理するための費用もたくさんかかるようになってしまいますが、実は不動産の経営は、そこまでたくさんの自己資金を持っていなくても始めることができます。
不動産の経営は、建物単位だけではなく、部屋単位でも世界中でおこなわれています。一度マンションを購入した人が、その後相続などの都合で一軒家に移り住むことになり、使わなくなった部屋を賃貸して収入を得ていることもありますし、マンションの一棟買いをするまでの自己資金がなく、まずは堅実な財産を持ちたい、という気持ちから部屋単位での不動産の経営を始める人もいます。
部屋単位での不動産の経営で得られた利益を元手にして、少しずつ所有する不動産を増やしていく、という計画で投資を始めれば、もちろん将来的には建物単位での不動産の経営もできるようになります。資産運用の効率的なかたちを探すうえでは、有効な方法の一つだと言えるでしょう。

外部環境で経営に大きな変化が生じる

不動産の経営をおこなっていくうえで気を付けておきたいのが、地価の変動や道路建設などによる建物周辺の変化、地震や水害をはじめとする自然災害のリスクなどといった、経営者ひとりの力ではどうにもならない大きな環境の変化です。建物を1棟買ったから今後30年は〇〇万円以上の不労所得が必ず得られるはず、などといったように、自分の財産として建物を購入しただけで安心してしまうのはとても危険ですし、損をしてしまう可能性も高くなります。
たとえば、オリンピックなどのような大きなイベントが開かれたり、あるいは大企業や大学のキャンパス、大規模ショッピングモールなどといった、大きな建物が建造されたりすることが決まった場合、地価は一気に変動することになります。
いままでただの田園地帯だった場所が、開発によって突然大都会になる可能性もあるわけですから、もしもそのような環境の変化が起きれば、需要の高まりによって、所有している建物の土地価格が跳ね上がるかもしれません。その場合、年間の賃貸収入の金額によっては、賃貸を継続せず売却した方が、不動産の経営方法としては正解になることもありますよね。外部環境の変化には、常に目を光らせておくことが不動産の経営では大切になります。

CALENDAR

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

CATEGORY

NEW ARTICLE

2017年08月25日
管理を徹底的に行うようにしましょうを更新。
2017年08月25日
成功例だけではなく失敗例も確認するを更新。
2017年08月25日
不動産経営の融資は地銀が有利を更新。
2017年08月25日
不動産経営の難しさとはを更新。